このサイトはパパ活のやり方やお勧めサイトなど
関連するすべての情報まとめサイトです。

【絶対に間違えない】パパ活サイト選びの判断基準

  • 新しさより継続年数
  • 登録者数ではなく実働数
  • 機能がどれだけ豊富か
  • アプリは低評価レビューを見る
  • Twitterの情報を鵜呑みにしない

【新しさより継続年数】

新規アプリの運営会社がまず最初に考える事は「開発費用の元早く回収したい」と考えます。そして最初にやる事はユーザーの水増し、人気に見せかけた広告とSNSのネカマ垢でステルスマーケティングしまくる事です(笑)

「マッチングアプリは儲かる」と数年前まで言われていたので、とくにユーザー同士の出会いに寄り添う事なくサブスクで儲かりやすいビジネスとして注目されおもちゃにされがちでした。そしてその被害者は情報に左右されやすいZ世代。まさに養分です。

有名なインスタグラマーやTiktokerが宣伝している案件には特に注意です。化粧品や食品などはインフルエンサー自身が実演したり食べたり、まともなレビューはありますが、マッチングアプリは利用しない有名人達が出会い系サイトやマッチングアプリをレビュー宣伝したところでなんら役に立ちません(笑)

そんな事より一番重要なのは運営している年月です。やはり最低でも半年、1年以上は欲しいところ。ユーザーにそれなりに寄り添ったサイトやアプリなら自然と継続できるのがマッチングアプリ。異性とマッチングするだけのシンプルなものに真新しさは不必要だったりします。

真新しいものすぐに食い付くタイプの人は情報に流されやすい地雷が多い。また、他のサイトで退会を余儀なくされた悪質なおじさんが新規登録初心者の女の子を狙って新しいアプリに流れるケースもよくある話です。優良なユーザーはどこでも優良なのでそう簡単に別のアプリに移動しません。つまり必然的に新しいアプリには地雷が集まりやすいという事です。

まずは様子見が先、焦らなくてもいいです。地雷同士で潰し合ってもらった後のほうが地均しも終わり、良い感じの土台が出来てます(笑)
色々な情報を手に入れる事が大事。男性ならサブスクの費用なども抑えられ、PJなら地雷Pとの遭遇も回避出来る。

【登録者数ではなく実働数】

単純な人は数字に騙されちゃいますよね。例えば登録者数1万人と言えば聞こえはいいですが、ここは僕のアフィリエイトや実際に面談で会ってきたパパ活女子達のアカウントから得たデータですが、登録者10人に対して、実際に利用を継続するに至った人は約半分もしくはそれ以下なんです。
さらにご自身の活動エリアに絞り、さらに希望する特定の日時で募集という形でどんどん範囲や条件が絞られていき、マッチング出来る人は結局わずか数名しかいなかったりするわけです。登録者数○万人とか結局どうでも良かったです(笑)
ワクワクメールだけは桁違いなのでこの例からは外れます

それより、自身の活動エリアの異性のログイン人数や募集の数などをマメにチェックしてみといいでしょう。数日チェックして、いつもと同じ顔ぶれならそういう事です。

【機能がどれだけ豊富か】

どちらかと言えば、顔やスタイルよりここが重要です。ここだけ極めればブスとか低スぺ関係ありませんから。男女どちらも理想の相手を見つけやすくなります。


余談ですが、媒体を多く勧めているTwitterのネカマアカウントがありますが、実際は活動していないなと分かる判断基準は、3つ以上のサイトを勧めていたり、掛け持ちしている人です。ほぼアフィリエイターと思って問題ないでしょう。
実際に活動していれば分かる事だと思いますが、結局は媒体を変えたところで自身の活動エリアが変わらなければ、出会う層に大した変化もないんです。

男性はお試し登録して色々な媒体に手を出します。
女性が移動したところで「そこにもいる可能性がある」ので、別サイトでブロックしたはずの地雷が再び近寄ってくる…なんて事もあり、冷やかし攻撃を食らったり、複数サイトに登録して同時募集などしている事がバレれば業者だとかブスで不人気だからサイト掛け持ちしているんだなどマイナスの印象に繋がります。あまり転々とせずに最大でもメイン一つ、予備にもう一つ程度ででしっかり出会えるような形を作っていきましょう。

パパ活,おすすめサイト

オススメはこちらにまとめてあります😊↓男性の方も上記は同様です。双方、地雷に遭遇しないようにお気を付けて⚠